The fall is forest vol.41





アタシは「あおい」。
前に言ったか言わないか、そんなもん忘れたけど、
何かと何かを合わせるの好き。

何かと何かって何って?
何でもよ!


オオキマモルに何されたかわかんないけど、
身体中にパワーがみなぎっちゃって、
はあ、こりゃもう、
いてもたってもいられない!!!

ニンニクとショウガとマカとマムシ酒とスッポンの血を
いっきに飲んだときみたい!
飲んだことねーけどな!!

オオキマモルが船はもうねーけど
アタシのチカラを使うっつったのわかるわー!
何も説明されなくても身体で理解できた!!


「おめーら集まれ!!」






そう言い放つとあおいはミドリ、オレンジーナと体を寄せあった。

「ちょっと痛い!」
「何?何が始まるのよ!?なんかアンタ変よ?」

「うるせえ!!合わせるんだよ!理解しろ!」

あおい以外のふたりは何が何だかわからず、
ブツクサ言ってはそのたびあおいに怒られていたが、
そのうちすぐに落ち着いた。
この「森に穴を開けたヤツラ」はこういうヤツラだった。
ブツクサ言いながらも結局は色々な事に素直なヤツラだった。


そしてヤツラは今、白く輝きながら光に包まれていく。





光の中から声がする。

誰かが何かを言っている。


「我はヌーヴォー。三身合体!!ウサギ・ヌーヴォー!!」
photo by eena x exsoup
<< The fall is forest vol.40 | main | The fall is forest vol.42 >>









このページの先頭へ