The fall is forest vol.35




「まだ 歩くだのか…?」

「まだまだだ。コノヤロー。」



僕の名前は「モリラ」。



んも〜!カンベンして欲しいだの!!

ずーっと! 歩き続けてんだの!!

疲れたんだの!!



「ほれ、さっさと歩きなよ。」

「そうよ。おっそいわねぇ。」

「早く歩け。このイモ野郎。」



「うっさいんだの!!おまえら何だの!?ていうかイモ野郎って何だのか!?」


「まあ落ち着けコノヤロー。」


「落ち着くもクソもないんだの!!ピリーリ!帰ろうだの!!」

「まあ待てコノヤロー。帰ろうって、どこにだい? ここも森だぜコノヤロー。」


「うまいこと言って!!まだ歩くだのか!!」

「まだだ。コノヤロー。」







もう、だいぶ景色も変わって、来たことのない場所、見たことのない景色、
僕はヘトヘト。

(もどる?僕が?何にだの?)

ピリーリが言ったことが、気にかかる。




「ねえ、ピリーリ、さっき言ってた、僕がもどるって、何だの?」


「うん? んん… まあ、あれだ。忘れてること色々あんだろ?
そういうのまとめて思い出せるかもしんねぇってことだな!!」


「ふぅん…。それって、いいことだのか?」

「…! まあ、それは思い出してから自分で決めりゃあいい。
そうだろ? コノヤロー。」


「ふぅん…。ところで、まだ、歩くだのか…?」


「もうすぐだ。コノヤロー。」




「元にもどってもらわなきゃ困るわよ。」

「そうよ。なんとかしてもらわなきゃ。」

「早くもどれ。このイモ野郎。」




「うっさいんだの!!!おまえら何だの!!?
ていうかイモ野郎ってまた言ったな!!」


「まあ落ち着コノヤロー。」


「僕は!!落ち着いてんだの!!!!で!!まだ!!歩くだのか!!!!」


「だから!もうすぐだ!イモヤロー!!」
photo by eena x exsoup
<< The fall is forest vol.34 | main | The fall is forest vol.36 >>









このページの先頭へ