おれ・・・LINEのスタンプになるだの♪



でもまだまだ先の話だの・・・大人のじじょー
ってヤツだの・・・

シンサって言うワルモノがジャマしてるだの
できあがったらホウレンソウだのだから

使ってくれだのな!!たのむだのな♪

photo by eena x exsoup

The fall is forest vol.45




いったい、どういうことだ…?
どうなってる…?

オオキマモルめ!さてはしくじったな!!

 我はヌーヴォー。三身合体・ウサギ・ヌーヴォー。
三つの心と体が融合、それは!完全無欠!!
のはずであったのだ…

詰め寄ってやるのだ!!おおいに詰め寄ってやるぞ!!
そうだそうだ!!詰め寄っちゃえ!!
オオキマモルゥ!!


しかし予想外に、詰め寄られたのはこっちだったのだ。
それはもう鉄砲水のような勢いで、我を飲み込んでいったのだ。



「あのですねー!困りますよ!勝手に飛び出しちゃって!!
そりゃあ気持ちが昂るのはわかりますけど!
まだ準備も途中だというのに!最後まで説明を聞いていただかないと!
いやあ、でもわかります!わかるんですよ!
すぐに力を試したくなる気持ちは!!
私もこの森に赴任した頃そうでした!
いたずらにイモムシに植毛してケムシにしたり!
本当はゴキブリの仲間なのにアリっぽいからシロアリって名前つけちゃったり!
色々悪さもいたしました…
だからわかるのです!
急に飛び出したくなる気持ちは!!
でもね、でもですよ!!
最後まで説明を聞いていただかないことには…ねえ!

で、いいですか?聞いてもらって。
私がキッカケをつくったことで、
めでたくあなたがた御三方はひとつになり、
お耳のプロペラっていう操作性能をお持ちになりました。
それは大変結構なことで、勿論、予定通りでございます!
しかしながら…推進力。推進力がまだご用意させてもらっていません。
森の壁の外まで一気に押し上げる力のことでございます。
それはもう、彼の力以外ないでしょう!
そう! モリラですよ! なんたって彼は森そのものですからね!
その力は充分秘めているはず。
しかし今のままでは発揮できない!くぅー!残念!
そこを!そこをですよ!私がなんとかしようというわけです!
そう!あなたがたに施したように!
モリラにキッカケを与えるのです。
どのくらいかかるって?すぐです!すぐ!
ですから、いましばらくここで力を蓄えるなりなんなりしていてください!
ね!」


我は「ハイ。」と返事をしたのだ…。
そう言うしかないではないか…。
photo by eena x exsoup

The fall is forest vol.44




「我はヌーヴォー。三身合体!!ウサギ・ヌーヴォー!!

全身に力がみなぎっているのだ! たぶん!!
様々なことが魂で理解できる!! はず!!

なのになんでぇーーーーーーー!!??」



勢いよく言い放っていた声は、上方に向かいながら
小さくなっていったかと思った矢先、
急激に大きくなり、黄金色の光とともに、
尾を引きながら、落下してきたのでございます。

ええ、それはもう、すごい音でしたよ。
地鳴り、とでもいいましょうか。
バリバリバリバリと、音をたてながら。

本人は至って平気な様子でしたけど。

 私はオオキマモルと申しまして、
この『いちばんおおきな木』を護ることを主とし、
その他、森で起こる様々な問題を解決することが役目の者でございます。


パワーが足りなかったのか、なにか勢いのようなものが必要な様子。

おかしいですね…

しかしここは平然としていましょう。
私の過失と解釈されたら損ですからね。
平然としつつ、なにか他に提案すれば、
きっとノッてくれるに違いありません。
しかしすぐにプランを出さなければ、
私の過失だという事を見抜かれ、
たちまち機嫌を損なうでしょう。


さて、どうしたものか…


もう一度彼女らにキッカケを…
いやいや、それはない。
二度手間を指摘され、無能だという印象を与えてしまう。

流れから考えれば、モリラ。

ここはモリラに託すしかないようですね…

今度こそ、うまくやらなければ。
photo by eena x exsoup

The fall is forest vol.43




「我はヌーヴォー。三身合体!!ウサギ・ヌーヴォー!!

全身に力がみなぎっているのだ!
様々なことが魂で理解できる!!

そして今!我はこの森を後にし、我の世界に帰る時がきた!
この四ッ耳をブン回せば!ホレ!この通り!!
ヘリコプターのように!宙を舞い!
この森の上に開けた穴から脱出するのだ!!!
竹とんぼのようにでも可!!
では!さらば森!!さらば森の住人たちよ!!」


 

 力強くハッキリとした口調でそう言い放つと、
そいつは耳をグルグルと回して、空中に浮きながら上昇し始めたのだが、
口調や言葉とは裏腹に、ヒョロヒョロとした様子。
そいつの纏う黄金色の光が後を引くその軌道は、
まるでナメクジが這った後の様だ。


オオキマモル。
ピリーリの失踪。
森に穴を開けたヤツラの合体、
ウサギ・ヌーヴォー。

…そしてそいつとの別れ。。


もう、流れにまかせるしかないようだ。

僕の名前は「モリラ」。

本当に、今の僕には、もうそれしかわからないんだ。
photo by eena x exsoup

The fall is forest vol.42





目の前の光に、モリラはただ茫然とし、
ブルーノは光よりもオオキマモルの表情を気にかけ、
オオキマモルは目を細めて、じっと光の中を見守っていた。




 待ち焦がれる我々の前で輝くその白色の光が、
次第に黄みを帯び黄金色になるころ、それは透きはじめ、
「森に穴を開けたヤツラ」の変化を我々に見せつけたのでございます。
どうやら、うまくいきました。

 私はオオキマモルと申しまして、
この『いちばんおおきな木』を護ることを主とし、
その他、森で起こる様々な問題を解決することが役目の者でございます。


そして、先ほど確かに、光の中から声が聞こえました。

彼女ら、いや、ひとつになったのですから「彼女」ですね。
「彼女」の名は「ウサギ・ヌーヴォー」だそうですね。

私はあおいさんの能力を引出し、
彼女らで力を合わせるキッカケを作ったのでございます。

困ったときは、皆で力を合わせなければいけません。
そのことを体現できるようにして差し上げたのでございます。

これで、彼女は自分たちの世界に帰ることができるはずです。

そう、耳をプロペラのように回して飛行するのですよ。
名案でございましょう?


さて、侵入者たちの件はこれで良しとして、
本題のモリラの件でございますが、ピリーリとの別離で動揺を隠せない様子。
覚悟のようなものが整えばよろしいのでございますが。



余談ではございますが、私、久しぶりに仕事をしたものですから、
若干、疲れのようなものを感じております。
が、ソレはソレ。
今回のように人前に出て仕事をすることもそうそうございませんので、
はりきって臨む所存でございます。
photo by eena x exsoup

The fall is forest vol.41





アタシは「あおい」。
前に言ったか言わないか、そんなもん忘れたけど、
何かと何かを合わせるの好き。

何かと何かって何って?
何でもよ!


オオキマモルに何されたかわかんないけど、
身体中にパワーがみなぎっちゃって、
はあ、こりゃもう、
いてもたってもいられない!!!

ニンニクとショウガとマカとマムシ酒とスッポンの血を
いっきに飲んだときみたい!
飲んだことねーけどな!!

オオキマモルが船はもうねーけど
アタシのチカラを使うっつったのわかるわー!
何も説明されなくても身体で理解できた!!


「おめーら集まれ!!」






そう言い放つとあおいはミドリ、オレンジーナと体を寄せあった。

「ちょっと痛い!」
「何?何が始まるのよ!?なんかアンタ変よ?」

「うるせえ!!合わせるんだよ!理解しろ!」

あおい以外のふたりは何が何だかわからず、
ブツクサ言ってはそのたびあおいに怒られていたが、
そのうちすぐに落ち着いた。
この「森に穴を開けたヤツラ」はこういうヤツラだった。
ブツクサ言いながらも結局は色々な事に素直なヤツラだった。


そしてヤツラは今、白く輝きながら光に包まれていく。





光の中から声がする。

誰かが何かを言っている。


「我はヌーヴォー。三身合体!!ウサギ・ヌーヴォー!!」
photo by eena x exsoup

The fall is forest vol.40




アタシは「あおい」。
下の世界から来たの。大冒険スペクタクルよ。

で、彼は「森の意思」。名前は「モリラ」。
ということになるわね。
ま、アタシはわかってたけどね。なぜかって?
フンイキよフンイキ!

そこにいるんだか、いないんだか、
それすらもはっきりとしないような虚脱に見舞われていたみたい。
ぼーっとしちゃってた。

そんな彼を尻目に、オオキマモルとかいうそいつは、
アタシたちの方に全く足音を立てず毅然とした面持ちで、
滑らかに近づいてきたの。
アタシたちの前に姿を現した時の空回りしていた様子は
もはや微塵もなく。




「さて、あなたたち、帰りたいということですが、
残念ながらあなたたちが乗ってきた船はもうありません。」


「ないってどうゆうことよ!?」


「破損がひどく修復は不可能、また、
この森全体のサイクルに組み込むことも不可能でしたので
私が処分しておきました。断りなく処分したことに対し、
あなたたちはご不満かと思いますが、
あなたたちは純粋な好奇心とはいえ、秩序を守らずこの森に接近し、
森の一部を傷つけたのです。どうか納得してください。」



「うん。わかった。」
「まーしょうがないわ。と言うよりむしろ、ごめんなさいね。」
「…じゃ、帰れないのか…。」


「いいえ、帰れます。船は必要ありません。
あなたのチカラを使うのです。失礼。」





そこまで話すと、オオキマモルは片手で素早く
アタシの耳を掴んで持ち上げたかと思うと、
ひっくり返して、今度は両耳を握り締めたの。

アタシは突然逆さまにひっくり返されて、
「ありゃ?」と一言だけ発して、きょとんとしたわ。
そりゃそうでしょ。
両耳を握り締められるなんて、そうそうないもの。


「ちょ、ちょっと!!何すんの!?」
「手荒な真似しないでよ!!」


他の二人は慌てて止めようとしてくれたけど、
オオキマモルは至って冷静で自信満々なカンジよ。
アタシもそのままきょとんとしちゃってて、
抵抗もクソもないわけ。


すると、「今から集中しますから、静かに。」


そう言って、オオキマモルは黙りこんだわ。


唐突で不可解なそいつの行動に取り残されたふたりは、
不満と不安で大いにプンスカなわけだけど、
その後すぐアタシに起こったことを目の当たりにして、
ビビったのかぐうの音も出なかったのよ。フフッ

何だかねー、気持ち良かったのよ。
お風呂に入ってるみたいで。
じんわりぽかぽかするカンジ。
こりゃ癒されるわー。つって。


アタシは「あおい」。
下の世界から来たの。大冒険スペクタクルなわけ。
photo by eena x exsoup

The fall is forest vol.39





「待ちなさい。ピリーリを大声で呼ぶことも探しに行くことも認めません。」

さっきまで森に穴を開けたヤツラから一方的に迫られ、
しどろもどろだったオオキマモルが、突然落ち着いた声に変わったので、
僕は立ち止まり彼のほうを向いてギョッとした。いつのまにか目の前に立っている。
森に穴を開けたヤツラも、彼の声色と態度の変化、または身のこなしに驚いたのか、
もともと丸い目をさらにまんまるにしてあっけにとられている。


「いいですか、よく、聞いて下さい。森の意思。モリラ。」


「も、森の意思?なんのことだの?」


「ですから、よく、聞いて下さい。モリラ。あなたは、森の意思。です。」


(どういうこと?森のニシンとか言ってるわよ。)
(バカねアンタ!あれがニシンなわけないでしょ!!ニシンて魚じゃないの。)
(あれのどこが魚なのよ!?)
(だから魚じゃねーって言ってんのよ!!)
(うっさいわね!ニシンみたいな顔しやがって!)
(ふたりとも静かにして。森の意思って言ったのよ。)
(森の石?)
(てめーぶっ殺すぞ。)

(ふぅー。まあまあ。とりあえず聞こ。)


向こうで森に穴を開けたヤツラが仲間どうしでなんだかもめていて、
ブルーノがめんどくさそうになだめている。

それが落ち着いたのを確認すると、オオキマモルは話を再開した。

「モリラ、あなたは森の意思が具現化した姿なのです。
言い換えれば、森の化身なのです。
私はこれから、あなたを森に戻します。
そうすることで、森の記憶はすべて蘇るでしょう。
あなたが森でなくなったために一時的に損なわれている、
自然現象の循環システムや動植物の生命サイクルはもれなく元通りに復旧します。
まず、このことが、私の目的のひとつです。

もうひとつ、申し上げることがあります。
モリラ、あなたが突如、森から変化して、その御姿が形成されるのを、
私は目の当たりにしておきながら、その様子に見入り、
即座に対応せず、あなたを今の御姿のまま放置したことを、
あなたも含め、森全体に深くお詫び申し上げます。

申し訳ありませんでした。

あなたが突如変化した原因はおそらく、
そこにいる者たちが外界から侵入するのを阻止し、撤退させるために、
彼女らの船の機能を停止させた結果、予想外にも船は木々をなぎ倒し、
森に穴を開ける結果になってしまったことに対する懺悔、
また、侵入者であるのに、彼女らの安否への気遣い。です。

私はその御姿になったあなたをピリーリとブルーノを遣い、
見守らせていただいておりました。
モリラであるあなたに、森の記憶の片鱗が見えるまでは。

自覚があるかは存知上げませんが、もう、あなたは戻りたがっている。

ですから私は、これから、あなたを森に戻します。



…同時に、今の御姿、モリラで過ごした期間の記憶は、無くなります。

だから、ピリーリを呼ぶことも、探すことも、お止めなさい。
ピリーリは、森全体の環境や、あなた自身のことを気遣い、
ここまであなたを連れてきたのです。
あなたとの関係が思い出になってしまうことを承知し、断腸の思いで、
ここまであなたを連れてきたのです。
そして何も告げずに去ったのです。」



僕は雷に打たれた。いったい何を言っているんだ。

少しの間、動けなかった。
photo by eena x exsoup

The fall is forest vol.38




「オホンッ えー、改めまして、私、オオキマモルと申しまして、
この『いちばんおおきな木』を護ることを主とし、
その他、森で起こる様々な問題を解決することが役目の者でございます。」

木の上から下りてきたそいつは、一拍も置かずに自己紹介を始めた。
言うことを一語一句決めていて、早く終わらせたいのだろうか。
僕も含め、そこに居合わせた連中の間など、全く気にしていない様子。
なので、ほとんど聞き逃したが、名前は「オオキマモル」だそうだ。


四、五秒ほどの気まずい沈黙の後、
森に穴を開けたヤツラの青くて四角くて小さい変なヤツが喋りだした。

「あのさあ、あんた神様?
神様じゃなくてもそんなカンジのやつ?
アタシたちさー、困ってんのよねー。もうずっと。
この森に船で突入?つかホントは突入じゃなくて不時着?
のはずだったんだけど、『森』に邪魔されて船ぶっ壊されて?
結果突入的な?しかも船ぶっ壊れてってから帰れないじゃんて。
で、あいつ、イモ野郎、じゃなくてモリラ?
あいつ、実は『森』でしょ?
アタシたちが来たことが原因かもしれないけど、
あんなんなっちゃって。
帰れってんなら帰るけどさあ、船ぶっ壊れてっから帰れないし。
あいつ、ぶっ壊したクセに、もう忘れちゃってるから
言っても無駄でしょう?
で、あんたよ。
て言うのはさ、あんたあの時見てたよね?
しかも現場近くにそこのブルーノを使いに出してまで。
なんで見てて何もしなかったわけ?
何もしないなんてひどくない?
つか職務怠慢だよ。分かる?
分かったらさあ、早いとこあのモリラを『森』に戻して、
色々と思い出させて欲しいわけよ。
そしたらアタシたちの船も直してくれると思うんだよねー。
神様なんでしょ?
神様じゃなくてもそんなカンジのやつなんでしょ?
できる?できるよね?」



すごい早口だ。ブルーノはその話にウンウン頷いている。




「あ、あの、ええと、け、結論から申し上げますと
わ、私は神様じゃありません。えと…」

「いや論点そこじゃねーし。」


「ま、まだ喋ってんでしょうがぁ!!」


なんだか、やいのやいの言い合っている。
詳しくは解らないが、話には僕の名前が出てきていて、
僕を「今の僕になる前の僕」に戻そうってことみたい。
ピリーリが言っていたように、僕がそのことで色々と
思い出せるなら、僕もそうして欲しい。
こんな森の奥まで、僕を連れてきたということは、
みんなもそう望んでいるということだ。



その時、ふと、ピリーリが居なくなっていることに僕は気がついた。

「ピリーリー!!」

大声で呼んだが、近くにはもう居ない。

「ピリーリーーー!!」






僕の名前は「モリラ」。
逆らえない流れのようなものを感じている。
photo by eena x exsoup

The fall is forest vol.37




甲高い声。

みんなが好奇と怪訝が入り混じった面持ちで見上げるその声の先、
揺るぎない幹が上へと伸びる力を貯めている中心部に、
それはまさに、「出番を待っていました」というポーズを決めている。
いかにも「注目してください」と言わんばかりの表情、
空を仰ぐように遠くを見つめながらも
意識はしっかり、いや、ちゃっかりこちらに向けている。
その体勢は浮いているかのごとく見せかけ、
その実、幹の僅かな凹凸に踵を踏ん張り、絶妙なバランスを保っているのだ。
どうやら、我々が気づき、注目が集中するのを待っていたようである。
また、こともあろうに、両手を僕らのいる下方にかざし、
「汝らに何かを与えん。」といった風情。
そして、先ほど発せられた甲高い声色。

いやはや、なんとも神経を逆なでされる。


僕も、僕以外のみんなも、予想だにしないそれの登場の仕方に、
目と心が泳いでいるようだ。
ピリーリとブルーノに関しては、溜息をついてそっぽを向いている。




僕の名前は「モリラ」。
僕は、とうとう、なんだかんだでここに来た。
『いちばんおおきな木』に。

みんなの沈黙による緊張が耐えがたくなった時、
そいつは突然、堰を切ったように突然喋りだした。

「み、みなさん…あ、いや、み、皆さまの到着…ご到着を
私…ワタクシは、心より、あ…ワタクシというのはここの、
ここ木を守るために…ええと…」

声は大きいが、うわずった口調で何がなんだかわからない。



「あんただあれーー?」
「降りてきなさいよーーー!」
「そんなとこいたらあぶないからーーーー!!」

森に穴を開けたヤツラがそいつの喋りをバッサリと切るように
大声を出すと、

「あ、ハイ!!ただいまそちらに!!」
とあっさりと従い、降りてくる様子。


ピリーリは手で目を覆うような仕草で溜息。
ブルーノは関心すら無さそうに鼻歌を歌っている。


僕はと言えば、初めて会うはずであるそいつのもつ雰囲気に、
なぜか懐かしさを感じていた。
photo by eena x exsoup
← new 1/7 old → >>

このページの先頭へ